薬剤師会の紹介

朝霞地区薬剤師会の紹介

会長の挨拶

平成30年4月 「新しい年度に向けて」 会長 畑中 典子

  若葉の緑も鮮やかな季節となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 さて、4月からの調剤報酬改定も概ね全容が見えてきました。基準調剤加算が廃止され、より明確に地域を意識した「地域支援体制加算」に形が変わりました。是非多くの薬局に届け出ていただくことを願います。将来的な薬局ビジョンは、セルフメディケーションとしてのOTC販売、処方せん調剤、在宅医療ですが、軸足を保険調剤においている薬局が多いことも事実。ビジョンの達成にはまだまだ時間がかかります。保険調剤上の加算は、正しく算定することで薬剤師業務を明確にし、そこに報酬を与えるという役割があります。算定しなければ、薬剤師自らがその業務を否定することにもなりかねません。いくつかのハードルはあると思いますが、可能な限り算定に向けて業務を見直すことも必要です。

 薬剤師会では、ポリファーマシー対策事業、吸入指導薬剤師育成など、現場にも役立つ事業に今年も力を注ぎたいと思います。今後ともご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。
 

平成30年1月  「新しい年を迎えて」 会長 畑中 典子

明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては,健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。昨年も充実した活動の一年でした。

今年はポリファーマシー対策や健康サポート薬局推進などの継続事業がある上に、大きな報酬改定の年にあたります。薬剤師会では年末に、改定の最新動向をお知らせする研修会を開催しました。

地域包括ケアシステムが一層推進される中で、薬局は今後どのように地域の医療・介護や公衆衛生に貢献すべきか、そこをきちんと評価する改定であることを望むと共に、薬剤師が地域に貢献する場を作る役割として、薬剤師会は一層重要な位置づけになるように感じます。

多くの薬剤師がその役割を担うためにも、個人会員の入会促進策が必要です。会員の皆様の一層のご支援・ご協力をお願いいたします。

本年が皆様にとって、素晴らしい1年となりますよう心よりお祈りいたします。
 

平成29年10月 「会報創刊ご挨拶」 会長 畑中 典子

今年度も半分が過ぎました。当地区の活動は理事や委員会委員に支えられ、相変わらず大変活発です。

しかしながら、これらの活動を会員に十分周知することも大切と考えており、会報発行を今年度の広報委員会の目標にしました。何度か話し合いを行い、季刊誌で発行することになり、2017年秋号「あさやくだより 創刊号」の発行に至りました。今回は、殆どの記事を理事が担当しましたが、今後は会員の方々の投稿もお待ちします。

昨年度までは会の基盤整備に追われましたが、今年度はいよいよ事業の充実に力を注げそうです。初の試みとしての市民フォーラム、「在宅受け入れ薬局」の冊子作り、厚労省の技官を招いた健康サポート薬局についての研修、などはほぼ見通しもつき、行政や医師会と連携したポリファーマシー対策事業も準備中です。

さて、会長としての今の課題は、これらの事業を推進するためにも財務基盤をもう少し確保する事、次世代に続く会にするためにも勤務薬剤師の加入を促進する事です。夢は、朝霞地区に勤務する薬剤師の全員加入。

現在は、年5000円の個人会費で携帯のメールにいろいろな行事予定が届きます。研修会参加費も会員割引があります。かかりつけ薬剤師としての地域貢献には薬剤師会への参加が必須と考えます。この会報が届いた方は、是非周りの未加入の薬剤師さんにも回覧ください。


平成28年6月 「会長就任のご挨拶」 会長 畑中 典子

平成28年度より一般社団法人朝霞地区薬剤師会会長を務めることになりました。 朝霞地区薬剤師会は「お薬手帳発祥の地」の自負を持って活動を続け、近年、お薬手帳は安心と安全のために無くてはならないツールとなっています。
通常の外来受診だけでなく、入院時には必携であり、また、阪神淡路の震災がきっかけで作られた手帳は東日本の震災でも重要な役割を果たしました。地域の宝物として、これからも大切にしたいと思っています。

 ここ数年で医薬分業は推進から成熟に舵が切られています。薬局のあるべき姿として「患者のための薬局ビジョン」が策定され、今後は「かかりつけ薬剤師」や「健康サポート薬局」も制度に加わり推進されます。薬局はあくまでも地域の資源であるという視点で、処方せん調剤はもとよりセルフメディケーションの支援、地域の保健や衛生への貢献、在宅医療への参画なども視野に入れる必要があります。

 当薬剤師会は、地域に勤務又は在住する薬剤師を応援します。国の動向を共有しながら常に新しい知識を得る。薬を扱うプロとして責任ある立場で、得た知識を患者や地域のために役立てる。地域の資源として活躍できる薬剤師になるために、質の高い研修会の開催や行政を含めた他職種連携など、役員や委員と協力して力を注ぎたいと思います。
 
ページの先頭へ